2016年07月25日

NEC MultiWriter 5650Fの印刷設定 ・・・・続き

NEC MultiWriter 5650Fをubuntuで使えるよう設定しています。
 Lubuntu14.04を使用しています。

さて、前回Xerox本家からlinux用のプリンタ設定ファイルをダウンロード、インストールして使ってみましたが、カラー印刷がうまく出来ないことが分かりました。印刷テストページでは色ズレがありましたがずっとモノクロ印刷ばかりだったのでそのままにしておいたのです。

気になって調べてみると、
OpenPrinting.orgのここを読むとRecommended Driver: foo2hbpl2とあり

それはSynapticパッケージマネージャで"foomatic-db"をインストールすれば諸々入って使えるようになるとのこと。詳しい説明はこちらのページ

早速、本家のドライバーをアンインストールして
foomatic-dbをインストールして設定のしなおし。

PPDファイルの選択画面ではXerox選びWorkcentre 6015を選ぶ。
screenshot2.jpg

注意点は、そのままではモノクロ印刷になっているので
プリンターオプションーー全般ーーColorMode:Colorを選ぶ。
screenshot1.jpg

テスト印刷するとカラーできちんと出ます。
ただしテスト印刷のボタンが右側2つ余計なものがでていてクリックしても動きません。ヘッドのクリーニングとあるので多分インクジェット用のコマンドを送るものだと思います。
screenshot3.jpg

posted by 片桐 健 at 14:13 | ハードウェア
2016年07月14日

NEC MultiWriter 5650F を買いました

NEC MultiWriter 5650Fを買いました。



HPのインクジェット複合機を使っていますが大量のプリントをすることがありインクカートリッジが大量にいることになるのでレーザー複合機に手を出した次第です。
Xerox Workcentre 6015NI のOEM製品のようです。

このレーザー複合機をUbuntuで使うので設定方法をネットで調べました。
NECはLinux用のドライバーを出していないのですが本家にはありました。

まず無線でプリンタをネットワークに接続する・・。
プリンターのLCD画面を見ながら親機のSSID、パスフレーズkeyを入力。
親機と接続したら家庭内LANのアドレスをプリンターに割り当てる。
ブラウザでIPアドレスを開くとプリンター管理画面CentreWare Internet Servicesが見える。

次にPCにXerox本家のドライバーをインストール
Ubuntuはdebファイルを選択。

システムツール→プリンターを開いて「プリンターの追加」
[ネットワークプリンタ] – [LPD/LPR ホストまたはプリンター] を選択したらプリンタのIPおよびキュー(通常は「PASSTHRU」)を入力し、「進む」をクリックします。
ドライバーはNECのPPDファイルがデフォルトで選択されていましたがインクジェット用らしいのでXerox Workcentre 6015NIを選びます。

テスト印刷を実行。うまく印刷されました。

家庭内にはいくつかのPCがあるので同様にドライバーをセットします。
すでにネットワーク上にMultiWriter 5650Fがあるので選びPPDファイルはxeroxを選びます。

スキャナーの設定
UbuntuにFTPサーバーを立ててプリンタからFTPでスキャンして作成されたPDFファイルを送るということです。
メールで送る方法もあるようですが今回はFTPで。

ftpのインストール

$ sudo apt-get install vsftpd
設定ファイルの編集
/etc/vsftpd.conf 内の local_enable=YES と write_enable=YES をアンコメントします。

$ sudo service vsftpd restart

Firewallの設定でport21を開けておきます。ちなみにWAN側はセキュリティ上開けてありません。

プリンタのLCD画面でスキャナーが「FTPを使う」設定をします。
またプリンター管理画面でAddress BookよりFTPサーバーを設定します。
 ネットワークスキャン--PC/サーバー宛先表
ここに家庭内の複数PCのそれぞれ名前、IPアドレス、Login Name、Login Passwordなどを書いておきます。

なお、プリンタ自身のIPアドレス、各PCのIPアドレスは予め固定アドレスを割り当てておきます。

ファイルの送り先PCを指定して原稿をスキャンしたら指定した指定したディレクトリにスキャン画像が届きます。

FAXをPCからコントロールする方法は調査中・・・。

posted by 片桐 健 at 21:32 | ハードウェア
2016年05月25日

ウィルスメール

先月くらいからウィルスメールが頻繁にきます。
それも以前使っていた仕事用のメールアドレスに。

きっと以前メールをやりとりしたお客様や仕事の関係者のパソコンがウィルスに侵されそこから私のメールアドレスを含む情報が流出したのでしょう。

すべて題名も本文も英語のメールで添付ファイルがひとつかふたつ付いています。「請求書」だったり「スキャンデータ」だったり「写真」だったりしますが、もちろんそれがウイルスです。

しかもメールの発信先は知らない会社や人(すべて英語名、実際は詐称されているので本当のところはわかりませんが)からで、IPアドレスを見るとメキシコやインド、ルーマニアあたりからの発信が多いですね。
社内ネットワークにつながったスキャナーからのデータ?とか、インドの自動車修理屋からの請求書なんて言うのもありました(大笑)。

迷惑な話ですが、多くはウィンドウズが狙われやすいのでお使いの方はウィルスチェックなど欠かさないようお願い致します。
posted by 片桐 健 at 08:02 | Linux