2017年05月07日

とうとうPHSを・・・

とうとうPHSを契約変更していわゆるスマホ(プラン)にしました。
といっても見かけはガラケーですが。

Y!mobileの AQUOS ケータイ2 602SH

中身はAndroidなのでいわゆるスマホなんですが、見かけはケータイ。
僕は物理キーがないとダメなので・・・。

本当のところこれが良かったわけでは無く、ずっと使ってきたPHSが通信企業や国の(総務省の)方針で縮小され自宅ですら電波が入りにくくなってしまったっため、泣く泣くY!mobileのスマホプランに変更したというところです。

ただ、PHSに比べて通話品質(音質)が悪いのには閉口しました。
LTE通信なので3Gよりかはましでしょうけれども。
PHSは固定回線と同等の音質だったのでその落差になれるのか心配です。

さて、車に乗る時には僕も妻もカーナビとしてタブレットNexus7を使用していますが、その通信手段はOCNモバイルONEの1日110Mbのプランを2回線契約しておりました。それも解約してY!mobileのスマホプランにオプションにシェアプランがあり僕の契約回線の子回線としてSIMカードを最大3枚使うことができるので契約しました。妻のPHSもスマホに変えて家族契約としたので結果通信量に対してトータルでお得な契約が出来たと思います。

ハードウェアとしてはモバイルルーターがあるのでこれもY!mobileのSIMが使えるように設定。
これについては後述・・。
posted by 片桐 健 at 23:50 | 携帯電話ネタ
2016年07月25日

NEC MultiWriter 5650Fの印刷設定 ・・・・続き

NEC MultiWriter 5650Fをubuntuで使えるよう設定しています。
 Lubuntu14.04を使用しています。

さて、前回Xerox本家からlinux用のプリンタ設定ファイルをダウンロード、インストールして使ってみましたが、カラー印刷がうまく出来ないことが分かりました。印刷テストページでは色ズレがありましたがずっとモノクロ印刷ばかりだったのでそのままにしておいたのです。

気になって調べてみると、
OpenPrinting.orgのここを読むとRecommended Driver: foo2hbpl2とあり

それはSynapticパッケージマネージャで"foomatic-db"をインストールすれば諸々入って使えるようになるとのこと。詳しい説明はこちらのページ

早速、本家のドライバーをアンインストールして
foomatic-dbをインストールして設定のしなおし。

PPDファイルの選択画面ではXerox選びWorkcentre 6015を選ぶ。
screenshot2.jpg

注意点は、そのままではモノクロ印刷になっているので
プリンターオプションーー全般ーーColorMode:Colorを選ぶ。
screenshot1.jpg

テスト印刷するとカラーできちんと出ます。
ただしテスト印刷のボタンが右側2つ余計なものがでていてクリックしても動きません。ヘッドのクリーニングとあるので多分インクジェット用のコマンドを送るものだと思います。
screenshot3.jpg

posted by 片桐 健 at 14:13 | ハードウェア
2016年07月14日

NEC MultiWriter 5650F を買いました

NEC MultiWriter 5650Fを買いました。



HPのインクジェット複合機を使っていますが大量のプリントをすることがありインクカートリッジが大量にいることになるのでレーザー複合機に手を出した次第です。
Xerox Workcentre 6015NI のOEM製品のようです。

このレーザー複合機をUbuntuで使うので設定方法をネットで調べました。
NECはLinux用のドライバーを出していないのですが本家にはありました。

まず無線でプリンタをネットワークに接続する・・。
プリンターのLCD画面を見ながら親機のSSID、パスフレーズkeyを入力。
親機と接続したら家庭内LANのアドレスをプリンターに割り当てる。
ブラウザでIPアドレスを開くとプリンター管理画面CentreWare Internet Servicesが見える。

次にPCにXerox本家のドライバーをインストール
Ubuntuはdebファイルを選択。

システムツール→プリンターを開いて「プリンターの追加」
[ネットワークプリンタ] – [LPD/LPR ホストまたはプリンター] を選択したらプリンタのIPおよびキュー(通常は「PASSTHRU」)を入力し、「進む」をクリックします。
ドライバーはNECのPPDファイルがデフォルトで選択されていましたがインクジェット用らしいのでXerox Workcentre 6015NIを選びます。

テスト印刷を実行。うまく印刷されました。

家庭内にはいくつかのPCがあるので同様にドライバーをセットします。
すでにネットワーク上にMultiWriter 5650Fがあるので選びPPDファイルはxeroxを選びます。

スキャナーの設定
UbuntuにFTPサーバーを立ててプリンタからFTPでスキャンして作成されたPDFファイルを送るということです。
メールで送る方法もあるようですが今回はFTPで。

ftpのインストール

$ sudo apt-get install vsftpd
設定ファイルの編集
/etc/vsftpd.conf 内の local_enable=YES と write_enable=YES をアンコメントします。

$ sudo service vsftpd restart

Firewallの設定でport21を開けておきます。ちなみにWAN側はセキュリティ上開けてありません。

プリンタのLCD画面でスキャナーが「FTPを使う」設定をします。
またプリンター管理画面でAddress BookよりFTPサーバーを設定します。
 ネットワークスキャン--PC/サーバー宛先表
ここに家庭内の複数PCのそれぞれ名前、IPアドレス、Login Name、Login Passwordなどを書いておきます。

なお、プリンタ自身のIPアドレス、各PCのIPアドレスは予め固定アドレスを割り当てておきます。

ファイルの送り先PCを指定して原稿をスキャンしたら指定した指定したディレクトリにスキャン画像が届きます。

FAXをPCからコントロールする方法は調査中・・・。

posted by 片桐 健 at 21:32 | ハードウェア