2014年04月24日

現在使用中のPC

使用中のPCは古いものばかりです。最新のものを買ったのは20年近く前にMS-DOSのPCとその後Windows95のPCを揃えた時くらい(大笑)。その後中身を入れ替えたりデスクトップやノート本体を中古で買い足したりしながら現在に至っています。

Windows95は早くから捨てました。それ以降Windwosはプリインストールを含めてOSを買ったことはありません。(中古PCに入っていたものも下記のThinkPad390Eのを除いて消して捨ててしまった)
Linuxはいつから使い始めたか記憶が定かではないが、RedHatLinuxの本を買って付録のCDからインストールしたのが始まりで、その後TurboLinuxの本を買って試してから、TurboLinux製品版をいくつか使ってきました。

はじめのRedHatLinuxのころは日本語がうまく扱えずプリンターで苦労しました。
TurboLinuxに変えてからは日本語はほとんど問題なかったのですがやはりプリンターの設定で結構勉強しましたよ。もっともその当時使っていたプリンターがHPのDeskJet720Cだったかな、Windows専用機だったのでドライバーが無かったんですね。アメリカの有志が作ったドライバを手に入れてからプリントが可能になり嬉しかった覚えがあります。そのドライバの普及には微力ですが協力したつもりです。

その後はRedHatにもどったり、VineLinuxやPlamoなども試したけれど今はUbuntuに落ち着いています。
ThinkPad560Zやチャンドラ2などのノートにはPuppyLinuxを入れました。それはそれでまあ快適かどうかは別にして実用的には使えましたね。

こんなわけでWindowsはまったく必要ありません。
Linuxでメール、ネットのブラウジングから文書作成、経理、マルチメディアまでなんでも必要十分な仕事ができます。
さらにLinuxを使うということは古いPCで十分ということです。ハードウェアにもソフトウエアにも無駄なお金がかかりませんのでお財布にも地球にも優しいと言えますね(^^)


メインのデスクトップPC
  OS無しで中古で買ったAthlon64x2 4000+ どっかのオリジナルブランドPC、メモリ4GBに増設。書斎机の上に。Ubuntu13.10をインストール。有線LAN接続。

サブのノートPC
  lenovo ThinkPad R61 OS無しで中古購入。メモリは4GBに増設。食卓に置いてあってそこで仕事ができるように・・。Ubuntu13.10をインストール。VNCで書斎のデスクトップをリモートコントロールできる。無線LAN接続


工房用のノートPC
  東芝Dynabook Satellite T20 OS無し中古購入。メモリは2GBに増設。Ubuntu13.10をインストール。工房で使用。Wifiでネットに接続。家に持って帰ったときは無線か有線でLANに接続できる。

妻の仕事用ノートPC
  Thinkpad X22 メモリ640MB OS無しで中古購入。ウルトラベースもあるが現在は使わずノート単体で使用。食卓上に置いてある。LinuxBean(Ubuntu12.04)無線LAN接続。

遊び用デスクトップPC
  中古で買ったP4P-800VMにP-4 2.6GHzCPUが載っている。メモリは1.5GB。MBは最初のは壊れたので2枚目。Ubuntu13.04。書斎にある。有線LAN接続。
  
プリンタ
  HP OfficeJet6310オールインワンプリンター。有線LAN接続。書斎に置いてある。家中のどこからでもプリントやFAXができる。現在のHPは専用Linuxドライバがありプリントからコピーやスキャン、FAXまで使うことができる。というかLinuxドライバのある機種を選ぶべきですね。

その他のPCたち
  Thinkpad560Z 中古購入(OS無)。CPUは300MHZから400MHzに換装。メモリ最大192MB PuppyLinuxをインストール。
  日立フローラ210 いわゆるチャンドラ2。OS無で中古購入。CPUは266MHZにクロックアップ。メモリ最大192MB。PuppyLinuxをインストール。

  Thinkpad390E 中古購入(OS付き)。昨年まで経理用として弥生会計を使うためにWinMeが動いていたがPCの老朽化によりお役御免に。古いWinはセキュリティ上問題があるのでネットには接続せず使用。今年から経理はUbuntu上のGnuCashで。これでWinとは完全におさらばです。

  その他お役御免のPCは数しれず・・
posted by 片桐 健 at 08:52 | Comment(0) | 現在使用中のPC