2016年05月25日

ウィルスメール

先月くらいからウィルスメールが頻繁にきます。
それも以前使っていた仕事用のメールアドレスに。

きっと以前メールをやりとりしたお客様や仕事の関係者のパソコンがウィルスに侵されそこから私のメールアドレスを含む情報が流出したのでしょう。

すべて題名も本文も英語のメールで添付ファイルがひとつかふたつ付いています。「請求書」だったり「スキャンデータ」だったり「写真」だったりしますが、もちろんそれがウイルスです。

しかもメールの発信先は知らない会社や人(すべて英語名、実際は詐称されているので本当のところはわかりませんが)からで、IPアドレスを見るとメキシコやインド、ルーマニアあたりからの発信が多いですね。
社内ネットワークにつながったスキャナーからのデータ?とか、インドの自動車修理屋からの請求書なんて言うのもありました(大笑)。

迷惑な話ですが、多くはウィンドウズが狙われやすいのでお使いの方はウィルスチェックなど欠かさないようお願い致します。
posted by 片桐 健 at 08:02 | Linux